TOP > 営業品目

営業品目

産業資材用

自動車関連用

包装材料用

営業品目

半世紀を超えて、国内外の幅広い用途でお使い頂いています

Serving a diverse range of applications in Japan and around the world for over half a century

弊社の各種フィルム・チューブ・加工品は、自動車・建材・金属・電子・食品などの分野において、包装・接着・保護・識別・バリア等多様な用途でお使い頂いております。
長年培ってきた多層フィルム加工技術を基に、みなさまのニーズにお応えしております。
ご要望に応じて、豊富なバリエーションの中から最適な商材をご提案します。

Our films, tubes and fabricated products are utilized in a wide range of applications including packaging, lamination, protection, identification, and gas barriers, in automotive, architectural materials, metals, electronics, foodstuffs, and other fields.We provide solutions to a variety of customer needs based on multi-layer film farication technology developed through years of work in the field.Let us propose the optimal material for your specific requirements from our rich array of products and variations.

目的別製品案内

産業資材用

自動車関連用

包装材料用

製造方法紹介

Inflation method
インフレーション法

押出機で樹脂を加熱溶融しながら押出加工し、単層または多層構造の円形のダイスからチューブ状に吹き上げます。
上部のロールでチューブを折りたたみ、巻取装置にてチューブまたはフィルム状に巻き取ります。

Plastic is heated to liquid while being extruded from the press, into a single-or multi-layer tube, using a cylindrical mold.
The tube is folded over by the upper roller, and wound up as tubing or film by the winding machine.